単純な英語力だけではこなせない?外国映画の翻訳

意訳で読みやすい字幕を出す

英語力を活用できる仕事として代表的なものといえば翻訳です。その中で特に難易度が高いのが外国映画の翻訳でしょう。なぜ、普通の文章の翻訳と比べて映画の翻訳が難しいのかというと、二つの理由が挙げられます。まず第一に、意訳を多く求められるという点です。本の翻訳であれば、英語で書かれていることをそのまま訳せばいいですが、映画の場合、観客が字幕を読む時間を考えなければなりません。長い台詞をそのまま全部訳して字幕にしてしまうと、観客がその字幕を読んでいる間に次のシーンに変わってしまうということが起こりえます。そのため、意訳を用いてできるだけ短い言葉で翻訳することが求められるのです。英語力だけではなく、日本語の語彙も豊富にないと難しいことだといえるでしょう。

スラングや業界用語にも精通する必要がある

第二にスラングの存在が挙げられます。スラングとは俗語、あるいは隠語のことですが、辞書に載っていない綴りのものも少なくありません。スラングは、それこそ毎年のように更新されていくので、常に新しいスラングを知っておかないと、英語での話し言葉をうまく訳せないのです。また、特殊な業界、世界を描いている映画の場合は、その世界での業界用語も学ばないといけないので大変です。空想世界を描いたファンタジー及びSF映画の場合、原作のシリーズをすべて読まないと意味がつかめない言葉が出てくることもあるので、単に映画の中で話されている言葉を訳せば済むというわけにはいきません。

英語の転職をするときには、求められる資格を事前に取得することが重要です。会社によって、必要とされる資格名や基準は異なります。転職前に調べておいて、入念な準備ができるようにしましょう。