誰でも働ける?無資格でもできる介護の仕事とは?!

有資格者が提供している介護サービス

介護が必要な高齢者が年々増えている日本では、介護業界が提供するサービスへの注目が高まっています。介護業界が提供するサービスは高齢者自身はもちろん、高齢者の家族にとっても貴重なものです。高齢者の状態によっては24時間体制で介護が必要な場合もあり、家族だけで介護を続けるには体力的・精神的・経済的に負担が大きくなってしまうからです。このように介護度が重い高齢者が入居する特別養護老人ホームでは、24時間体制で身体介護などのサービスを受けることができます。このような施設では介護資格を取得している介護スタッフが、入浴介護や食事サポートなど、高齢者に対して直接的な介護サービスを提供しています。また介護施設によっては介護資格を取得していない無資格の人でも従事できる仕事があります。

無資格の人が従事できる仕事内容

それでは介護資格を取得していない人はいったいどのような仕事に従事できるのでしょうか。まず、無資格でもできる介護の仕事とは、高齢者の体に直接触れない仕事になります。例えば、高齢者の個室の掃除や衣類の洗濯、買い物の代行など、間接的な介護サービスの提供が可能です。他にも介護資格以外の資格を取得していることでできる仕事もあります。デイサービスなどでは高齢者を車で送迎するため、運転免許を持っていればドライバー業務に就くことができます。また、調理師免許などを持っていれば、施設の調理スタッフとして勤務することも可能です。このように直接的な介護とは違いますが、介護の現場で働く手段はいくつかあるのです。

東京には多数の介護施設が存在し、求人数も大変豊富です。そのため、介護の求人を東京で探す場合、様々なこだわりを持っている人でも自分に合った求人がスムーズに見つかります。