子育てママが職場で嫌われる!?3つのケース

子どもを理由にとにかくすぐ休む

「子どもが熱を出したので」「子どもがけがをしたので」など、子どもを理由にして仕事を休むことは、働く子育てママにとって仕方がないことです。周りの人たちも、ある程度は「仕方がない」と理解を示してくれることが大半でしょうが、それがあまりにも回数が多い、あるいは「子どものためだから休んで当然!」という態度でいられると、応援してあげたい反面、どうしても嫌な気分になってしまいます。当然しわ寄せは、周りの人たちにいくということを忘れないようにしましょう。休みが多くなってしまうようなときには、できるだけ仕事に影響が出ないように、配慮をすることが必須になります。

子どもの話題しか話さない

初めての子育ての場合には、不安なことも多ければ、うれしいことも多くあるでしょう。いずれの場合にも、他人に話を聞いてほしいという気持ちになることは当然のことです。しかしながら、それを喜んで聞いてくれる人ばかりではありません。何を話していても子供の話になってしまう…というのは、面白いと思ってくれる人は一部の人であると認識しましょう。しかも、仕事の場では休憩中といえども、友達や家族とは違う、ということを肝に銘じておきましょう。誰もがあなたの子育てを応援してくれるわけではないのですから。

他人にも子育てを称賛させる

「子育て大変な仕事だよ」「子どもってすごいよ」「子どもをもって一人前になれる」など、楽しい子育てをしている人の場合には、子ども称賛をしたがる傾向にあります。それが行きすぎてしまうと、「早く結婚すれば?」「どうして子どもを持たないの?」といった、心の機微に触れるような発言をうっかりしてしまうこともあるかもしれません。そういった無配慮なママにならないようにしましょう。

エリア限定情報が豊富なサイトで、短時間勤務も可能な求人に着目するのが、典型的な主婦のパートの探し方です。